2024

2/16(月)萩・森倫館とニセコ雪森考舎で一緒に働く仲間を募集

株式会社萩・森倫館株式会社ニセコ雪森考舎では、一緒に働く仲間を募集しています。
持続可能な社会の実現や「自然と人との交流の場づくり」、地域に根差した森林価値を高める事業等にご興味のある方はぜひ各社採用ページもご覧ください。

萩・森倫館 施設運営スタッフ
ニセコ雪森考舎  森林マネジメント業務/製材・地域材活用業務/事務スタッフ

2023

12/26(火)Beyond Sustainability 2023を受賞しました

この度、トビムシはBusiness Insider Japanの主催する「Beyond Sustainability 2023」を受賞しました。持続可能な社会の実現とビジネスの両立に取り組み、社会にインパクトを与えている企業として選出され、ローカル部門受賞者としてインタビュー記事が公開されています。

詳細はこちら
トビムシの取り組みのインタビュー記事はこちら

12/19(火)休眠預金1億5700万円を活用する資金分配団体として林業六次産業化による森林活用を実現する企業・団体を支援。2024年2月9日まで実行団体を募集中。

株式会社トビムシは、一般財団法人日本民間公益活動連携機構(英文名:Japan Network for Public Interest Activities、略称:JANPIA)が公募する「2023年度 通常枠 <第1回> 休眠預金等活用法に基づく資金分配団体」に選ばれました。
林業の六次産業化を通じて地域の働く場づくりや地域活性化などの課題解決を目指す企業・団体が対象。1団体あたり3140万円(目安)を助成する資金的支援や、経営・人材支援等の非資金的支援を提供し伴走します。

2009年の創業以来、北海道から九州まで日本各地の森のある地域で、地域ごとに必要とされる機能とスケールを整えた森林業経営体や地域商社の創設・運営を行ってきました。今回、JANPIAが公募する休眠預金等活用法に基づく資金分配団体に選ばれたことで全国各地の実行団体やステークホルダーと協業を深め、森林価値の最適化を目指します。

プレスリリースの詳細についてはこちらを御覧ください。
PR TIMES

休眠預金等活用事業の公募要領についてはこちらを御覧ください。
休眠預金等活用

———————
1月10日更新 / 公募要領を修正しました。
主な修正点:申請書類の提出方法 (旧)郵送又は宅配便での提出(新)メール及び郵送又は宅配便での提出
1月9日更新 / 公募説明会での質疑応答を中心に、FAQを追加しました。

12/19(火)信州の森・里山フォーラムでトビムシの取組を紹介します

2023年12月19日(火)、信州の森・里山フォーラム「地域資源としての森林・里山の価値向上について考える」にて、弊社社員飯泉よりトビムシの取組を紹介します。
主催:環境省中部地方環境事務所・中部環境パートナーシップオフィス(EPO中国)
共催:林野庁中部森林管理局 

長野市内の会場参加のほか、オンラインでも参加可能です。
詳細・お申込はこちら

12/9(土)広島大学大学院人間社会科学研究科セミナーに代表竹本が登壇

2023年12月9日(土)トビムシ代表竹本が、広島大学大学院人間社会科学研究科セミナーにて「森から考える 営みの連環と古くて新しいビジネスモデルの創造」のテーマで講演します。
広島大学東千田キャンパス未来創生センターにおいて対面のみでの開催です。

詳細はこちら

・・・・・
前夜 、12月8日には、広島市内の「雲間」で「いただきますからはじまる文化人類学講座 『クロストーク 人類学×環境学:地域と社会の(リ)デザイン』」が開催されます。
詳細・お申込はこちら

1 2 3 53